神社ミッションの思い出

隠れ家サロン&魔法スクール 透明の森

090-3793-9968

〒870-0872  大分県大分市高崎

営業時間 10:00〜12:00/14:00〜16:00【完全予約制】
定休日 日曜・不定休あり

lv

神社ミッションの思い出

Dr.Yayoiの部屋

2022/03/01 神社ミッションの思い出

こんにちは、Yayoiです。

 

 

今日の大分は曇り空。午後から
雨が降るらしいっす。

そして、今日から3月❣

だいぶ寒さが緩まりましたね♡

 

皆さま、いかがお過ごしでしょうか?

 

 

最近、トレーニングを週2、友人との

週末ウォーキングならぬお散歩👟

1ヶ月以上続いてます❣

 

その割に、まだ筋肉量増えないけど。。

 

 

先日、『鬼滅の刃』の聖地として

一躍有名になった

別府の『八幡竈門神社』まで

ビジネスパートナーの貴子ちゃん

とドライブしてきました🚙♪♪

 

 

5597c5ff-bdcb-4b54-8ae9-d7d4fa0248a0

 

 

わざわざ報告するほどのことでも

ありませんが、

 

わたくぴ、お賽銭で「五千円」

入れさせてもらいました(^^♪

 

我ながら羽振り良き~(笑)

 

 

まあ、こうなれたのも、思えば長い

道のりがありました←相変わらず大げさ

 

 

時は遡りましてーー

 

わたくぴ、元々どこか「ケチ」な

ところがあったので、

お賽銭と言えば「5円(ご縁)」とか

「20円(二重)」とかだったのです。えへ

 

 

それが、ある時、心屋 仁之助さんの

「神社ミッション」なるものの存在を

知り、

 

それはにゃんとお賽銭で

「一万円」入れるというもの❣

 

お賽銭箱でたまに「千円」札が挟まって

いるのをちらほらみかけるたびに

わたくぴは、「千円も入れるなんて

スゴーイ」

 

とか思ったりしてたのに、

 

「い、いちまんえんですか?!」

 

ぎょへ~~

 

そんなこと、もったいなすぎてぜったい

できニャイ!

 

ととっさに思い、

 

わたくぴは、神社ミッションをすることは

この先もきっとにゃいのだろうなと

思っていました。

 

 

 

それが、数年前のとある夏の日

宇佐神宮の元宮「大元神社」に

参拝すべく、御許山(おもとさん)を

登った時のこと。

 

 

夫と一緒に登ってみようと言っていた

のに、山の中腹の駐車場に着いて、

いざ車から降りて歩こうとすると、

なぜか夫が

「僕は登らない」

 

と言い出したのです。

 

Yayo: 「エっ、なんで?登ろうよ」

 

夫: 「登らない、絶対に登らない‼」

 

もーなんなのその気まぐれ??

 

何度か押し問答を繰り返したのち、

ケンカするのもめんどくさくなった

私は、「じゃーちょっと待ってて」

 

と言って、夫を車に残して

一人小走りで登り始めました。

 

たぶん急げば行きかえり30分位で

行けるだろうと思って。。

 

 

そしたら、結構な山道。行けども

行けども目的の神社にたどりつく

気配がありません。

 

 

すれ違う人は、軽登山の恰好。

わたくぴは思いつきの参拝のため、

街にお買い物に出るような

片手にバッグを持った

ちょいキレイめの恰好←アホですw

 

 

今思えばなめてました。。

 

 

でも、登っていくうちに、

どんどん空気が神聖になっていく

のが、身体全体で感じられる

ようになり、

 

「なんか知らんけどめちゃ有り難い~」

 

という幸せな思いで身体中が包まれ

どんどん足取りが軽くなっていく

氣がしました♬

 

落ち葉を踏みしめ、枝をくぐり抜け

ずんずん歩いていくうちに、

 

わたくぴの頭の中はいつしか

「そうだ❣ この感謝のきもちを

形に残したい。神社に着いたら、

1万円入れましょうぞ」

という固い決意が生まれていました。

 

 

境内に着くと、一人二人しか参拝客が

いませんでした。

 

立派な御神木の枝越しに

神々しいお日様の光が眩しく

降り注いでいました。

 

来れてよかったーー

 

 

慣れない神社参拝にやや戸惑いながら、

お賽銭箱の前でいそいそと財布から

1万円札を取り出し、

ぎこちないお辞儀をしながら

お賽銭箱に入れ、

自分なりに祈りを捧げ

その場を後にしたのでした。

 

 

さあ、夫が待っているから帰りも

急いで降りなければなりません。

小走りで登山口近くまで

駆けおりると、

 

にゃんと、夫が少し(100mくらい‽)

登ってきていたのです。でもなぜか

青い顔で座りこんでいます。

 

私の帰りが遅かったから、追いかけよう

としてくれたのかな?

 

 

後で調べてみてびっくり。

 

御許山は昔、男子禁制の山だったのだ

そうです。

 

夫はなんやかんや言って、感じやすい

性質。

 

登山口まで来て、男子禁制のエネルギー

に当てられてしまったのかもしれません。

 

 

 

話しがそれましたが、

ひょんなことから神社ミッションを

クリアして以来、

神社にお参りに行くときは、

基本「お札」をポケットに忍ばせて

お賽銭箱に入れるようにしています。

 

 

でも今回、五千円だけ持っていったせいで、

おみくじを引いたり、お守りを買ったり

御神木『魂依の木(たまよりのき)』の

中に入って写真を撮ったりが

一切できませんでしたとさ( ´艸`)

 

 

さっきのお賽銭を4,000円に変えるから

おつりちょーだい

 

と心の中で思ったのはナイショの話(笑)

 

 

 

 

最後までお読みいただき感謝☆

 

 

また書きますね👋

TOP