サナトクマーラに呼ばれた話(後編)

隠れ家サロン&魔法スクール 透明の森

090-3793-9968

〒870-0872  大分県大分市高崎

営業時間 10:00〜12:00/14:00〜16:00【完全予約制】
定休日 日曜・不定休あり

lv

サナトクマーラに呼ばれた話(後編)

Dr.Yayoiの部屋

2021/06/29 サナトクマーラに呼ばれた話(後編)

こんにちは、Yayoi です。

 

 

大分は今日もよく晴れました♪

 

というわけで、昨日今日と

朝からゆ~っくり休みましたー。

 

普段からゆっくりしている人が

輪をかけてゆっくりしたので、それは

もうニャンコもびっくりww

(ご想像にお任せします)

 

タイムウェーバーでオーラを見てみる

と、いつになくエネルギーがガタガタ

に下がっていたので、

やはり試験と旅の疲れが出たのでしょう

 

 

さて、旅の話に戻って。。

新幹線で京都駅に着いて、

学会場のある京都国際会館駅まで

地下鉄烏丸線で向かったのですが、

学会以外の予定はまったく考えて

おりませんでした。

 

すると、目的地までの停車駅の一つ

の名前が、『鞍馬口』でした。

 

それで、もしかして、鞍馬山に近い

のかな?と思ったのです。

 

後で調べてみると、鞍馬口は鞍馬山の

入口ではありませんでしたww

が、学会場からバスで30分くらいで

鞍馬寺まで行けるようでした。

 

スケジュール的にタイトですが、行ける

としたら二日目。ランチョンセミナーが

終わって、ホテルで一服してから

15:11のバスで鞍馬寺へ向かうことにしました。

 

先述のとおり土地勘は全くないのですが、

途中からバスの路線にしてはエッと思うくらい

道幅の狭い山道になっていき、

バスの運転手さんの手慣れた運転技術に

感心しつつ、窓の外を眺めていました。

 

 

15:40頃無事目的地到着。

バス停の目の前が鞍馬寺で、まあちょっと

本殿でご挨拶だけできればいいやと

いうぐらいの気持ちでお邪魔したのですが、

 

最初の門から本殿金堂までにゃんと

山道で1㎞ほどありまして、

ヒールなしのパンプスをはいていた

わたくぴは、一瞬徒歩で登りかけてすぐに

引き返しました(;^ω^) 爆

 

脇にロープウェイがあったのですが、

登りの最終が16:00、下りの最終が

16:25。ロープウェイを降りてからも

本殿まで500mちょっとあります。

もちろん、今から登るなんて

わたくぴ一人。

 

間に合うのか、Yayoi ?!

 

 

ロープウェイのおじさんに尋ねると

本殿まで片道10分なので、急げば

何とかなるかも?とのこと。

 

帰りのロープウェイに間に合わなければ

徒歩で山道を降りなければなりません。

なんとしても間に合わせたい

 

16:04にロープウェイを降りて、

本殿まで小走り。数名の降りてくる

参拝客の方々とすれ違いつつ、

目的の本殿前石畳に到着しました!

 

時計を見ると16:10。6分で着いとるww

 

股関節の骨が溶けていたわたくぴが

えらく丈夫になったものです(・∀・)

 

本殿を閉めようと片づけている女性の方

が一人いらっしゃいましたが、

広い境内には私以外人っ子一人いなくて

ちょっとした異次元空間。

厳かで自然と背筋がのびる静謐な空間で

噂のパワースポット六芒星をひとり占めできました❤

 

d2f0d877-bebd-4fdc-9433-77eb2bbbb727

 

 

滞在時間は正味2-3分でしたが、

きっと、魔王尊サナトクマーラさんのお力で

わたくぴの中の邪気がすべて吹き飛ばされたこと

でございましょう

 

 

それから急いでロープウェイ乗り場に向かい、

無事最終に間に合って降りることができました。

まあまあの汗だく(;^ω^)

 

そこからまたバスの時間まで5分くらいしか

なかったので、急いでバス停まで向かい、

17:00ジャストに国際会館駅に戻ってくる

ことができました。

 

超~~弾丸で、奇跡的に効率良すぎ❣

 

サナトクマーラ様♡

次回はゆっくり奥の院までご挨拶に伺わせてもらいますね(生きてたら)

 

 

相変わらずのドタバタ&ギリギリ劇でしたが、

なんとか無事に鞍馬寺のお参りができて、

試験以外の思い出を作ることができて、

よかったです(⋈◍>◡<◍)。✧♡

 

良い子は真似しないでね

 

 

最後までお読みいただき感謝✨

 

また書きますね👋

TOP