サナトクマーラに呼ばれたのかな(前編)

隠れ家サロン&魔法スクール 透明の森

090-3793-9968

〒870-0872  大分県大分市高崎

営業時間 10:00〜12:00/14:00〜16:00【完全予約制】
定休日 火曜・日曜・不定休あり

lv

サナトクマーラに呼ばれたのかな(前編)

Dr.Yayoiの部屋

2021/06/28 サナトクマーラに呼ばれたのかな(前編)

こんにちは、Yayoi です。

ちょっとお久しぶり♪

 

 

アンチエイジング専門医の試験受けて

昨日のヨルに大分に帰ってきましたよー

一人旅で疲労はありますが、いろいろ無事でございます。

がんサバイバーなのに本当におかげ様です。

 

ありがたや~♡

 

 

帰りながらクリニックの院長先生宅に

お土産も持って行けたし、ひとまず

肩の荷がおりてホッとしています(^^♪

 

 

試験の合格発表は、7月31日までに

郵便で合否通知がなされるそうです。

 

 

手ごたえはなかなか良かったので、

キット受かってる?と思います❣(←希望的観測)

 

360ec61e-d317-4e15-985e-87df428e9a1f

 

今回、実は初の京都滞在だったのですが、

金曜日から学会場の隣のホテルに二泊して、

学会最終日の日曜の午後が試験でした。

 

試験のあと、友人とゆっくり京都を巡る計画が

当初あったのですが、関西でのコロナの状況

がまだまだ気を抜けないのかなと思ったのと、

 

自分が普通の身体だったら、能天気なおバカ

さんなので全く気にしてないと思うのですが、

わたくぴ、実は例の分子標的薬を再開して

ちょうど二週間でして

 

測ってないけど、白血球および好中球数が

底まで下がっていることが予想される状況

でしたので、

 

主治医の先生にも黙って出てきているのに、

もし今、感染してしまったら、

各方面にご迷惑がかかるし、何より

「命の保証はニャイ」

と思われ。。

 

(例によってワクチンも断ってるしね)

 

今回は泣く泣く観光は取りやめ、試験が終わり

次第直帰することに決めていました。

 

 

だから、もうどこにも行けないよなーと

はなから諦めていたのでした。

 

 

京都、日本人のくせしてほとんど知らないから、

どこをどう回ったらいいのかもよくわからないのですがね

 

 

ただ、大阪在住のお友達が、鞍馬寺に定期的に

お参りしているようで、時々フェイスブックに

あげていたんですよね

 

だから、鞍馬山のことは以前からちょっと気になってました。

 

 

あと、5年くらい前に、アシュタールさんの

グループセッションを受ける機会があったのですが、、

 

また長くなるけど、いいですかぁ。。?

(話し下手ww)

 

 

その時のグループセッションの内容が、参加者

それぞれを守護してくれている高次の存在を

テリーサイモンさんの体を借りたアシュタールさん

が教えてくれるという内容で…

 

それが、小人だったり、龍だったり、

本当にみんなバラバラで、ファンタジックで思いの外

面白くて、グループ内でちょっとした神秘体験も

共有できたりしてエキサイト致しました

 

多分12人くらいいた輪の中で、私が見てもらう

順番は、わりと最初の方だったのですが、

 

わたくぴには一体どんな存在がついてくれている

って言われるんだろう?

家がカトリックだから、マリア様とか、大天使○○

とか、やっぱそっち系(?)かしらねーなどと想像しながら

ドキドキワクワク待っていました。

 

 

すると、アシュタールさんから言われたのは、

『あなたにはサナトクマーラがついています。

これから先あなたの前に立ちはだかるあらゆる

障害は、彼がすごいパワーの剣でバッサバッサと

なぎ倒していってくれるので、あなたは何にも

恐れることなくただ前に進んで行きなさい』

 

言葉は多少違いますが、大体このようなことを

言ってもらいました。

 

 

そのとき、わたくぴの頭ン中は

『ハ?サナトクマラて誰?』でした

(スミマセン、まったくもって初耳ですた)

 

 

それで後からググったのですが、サナトクマーラ

さんはずっと昔に金星から鞍馬山に降り立たれた

んだそうで。。

 

何やらすんごい魔力をお持ちのお方のようでした。

 

 

そんなすんごい方が守護してくださるなんて、

わたくぴごときに畏れ多いというか、心強すぎる

ような、予想の斜め上を行くお話で、びっくりした

記憶があります。

 

 

そういうこともあって、鞍馬山のことは、ずっと

頭の片隅にあって、密かに気になっていた訳でございます。

 

 

ここまで読んでくださりありがとうございます。

 

長くなってきたので、前編後編に分けます。

 

 

 

 

 

 

TOP