いちいち怒らせてくれる人は、実はありがたい存在?!

隠れ家サロン&魔法スクール 透明の森

090-3793-9968

〒870-0872  大分県大分市高崎

営業時間 10:00〜12:00/14:00〜16:00【完全予約制】
定休日 火曜・日曜・不定休あり

lv

いちいち怒らせてくれる人は、実はありがたい存在?!

Dr.Yayoiの部屋

2017/10/15 いちいち怒らせてくれる人は、実はありがたい存在?!

こんばんは。Dr.千明です。

 

 

 

先月のはじめのことですが

実家に帰ったときに、自分のある喜ばしい変化に気づいていました。

両親を見ても、イライラしなくなってて、不思議と心が穏やかだったんですね。

 

 

いつも通りの穏やかで天使のような私のままでしたw ギャハハ

 

 

 

 

img_0672

 

 

ハイ。私、以前は、おこりんぼでした(笑)

 

 

特に両親と過ごしていると、

いつもの自分が保てなくなるほど、イライラして怒ってばかりいました。手強い彼らをなんとかコントロールしようとしてましたし。

 

 

 

それと、母に対しては、子どもの頃から愛されている実感が乏しくて、

もっと存在そのもの(being)として愛されたかったし、できることなら甘えたかったんでしょうね。

愛と憎しみが反転したような感じでずっと辛かったですけど、、

 

 

今は、はっきり言って、この人(母)のこと、そんなに好きでもないし、嫌いでもないなー っていうフラットな感じで、心がとっても楽チンです!ちょっと物足りないような気もするくらい…

まさに執着がとれたんだなと。シミジミ…

 

 

母との関係が楽になるまでの過程は、何段階かあって、それについてはまたいつか書けたらいいなと思います。

(モチロンSRTも一枚かんでます☆)

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

今日の本題は、

私を長く苦しめている、父と母同士の関係性について。
両親を観察していると、うちの実家の人は、毎日怒ってばっかりだなー、どうしてなのかなー、(いい加減やめてくれないかなー)と
考えていました、、
そしたらね
一つ、納得できる答えがひらめいたので、シェアします。

 

 

お決まりのパターンとしては、

おかしなことばかりする父に対して母が始終腹を立てていて、事あるごとに見下したようにわめき散らし、

そんな母に父も逆ギレして怒ってしまう。

これをもう何年もエンドレスで繰り返しています。。

 

 

でも、不意に悟ったのです!

母にとって、母を始終怒らせる父 という存在は、なくてはならないものなんだ!!

 

父は、(実は)母を助けていたんだ! っていうこと。

 

 

 

 

どういうことか、説明しますね。

 

 

この三次元世界で肉体を持っていると、体験に応じて様々な感情が湧いてきます。

 

うちの母は、社会的に多くの責任を(好き好んで)負っているので、自動的にストレスがかかります。

 

ストレスがかかると、陰陽五行の考え方では、肝に負担がかかるので、それに対応して、怒りの感情が生じます。

 

そして、外で会う人に対しては、いい顔を見せたいので、怒りなどの負の感情は極力抑えこんでいます。

 

 

感情が湧いたら、ホントはその場で感じきったり、口に出したり表現したほうが、エネルギーが軽くて済むので良いのですが、

うちの両親(特に母)の場合、習慣的に抑え込んでしまうので、

体に怒りのエネルギー(毒)が蓄積→増幅します。

 

 

身体に蓄積した怒りは、肝を中心とした臓器の不調をもたらし、長い経過で病気を発症するでしょう。

 

 

だから、そのエネルギーを体外に発散(毒出し)させたほうがよくて、それを父が毎日せっせと手伝ってくれていたのです(笑) やるな、父。

 

だから、母の無意識は、そんな父を離さない。

(そんな父でいてくれないと困る)

 

 

父、おつかれ様です!!!笑笑

 

 

 

あなたのまわりにも、そんな人いませんか?

 

毒出しを手伝ってくれてありがたいですねw

 

 

 

 

ちなみに、冷えとりは、物理的な体の冷えだけでなく、

体に蓄積した様々な感情のエネルギー(心の冷え)もとります!

 

 

心の冷えは、体の冷えの何千倍、とも言われていて、

それが冷えとりの習慣で小出しになり、日々自然と毒が溶けていくので、オススメです。

 

怒りのエネルギーが蓄積しているひとは、足の親指のところからくつ下が破けていきますよ。私も前はそこによく穴があいてました。面白いですね!

 

 

img_9059

 

冷えとりの方法、サロンでお伝えしています。

ご相談ください!

 

 

今日も読んでくれてありがとう❤︎

 

TOP